Wordpressサーバー

​無料SSL|コアサーバーに引っ越した際の備忘録|少しクセが強い

2017/10/15にmixhostからコアサーバーへ引越しを行いました。
理由は単純に、コスパ最強だから
ただ少し苦戦したので、登録方法などを備忘録がてらここに残しておきます。

CORESERVER.JP(コアサーバー)お試し登録(30日間)

無料SSLを提供しているサーバーの比較記事はこちら↓



mixhostとコアサーバーの比較

サーバー 月額料金 容量 ドメイン 転送量 データベース
mixhost エコノミー 480円 10GB 無制限 無制限 無制限
コアサーバー core-A 477円 120GB 無制限 無制限 無制限

※初期費用はどちらも無料
※mixhostは3ヶ月払いの場合の月額料金です。
(1ヶ月ごとの支払いはできません)

mixhost エコノミープランは廃止されました。他プランも大幅に値上げされています。

コアサーバーは、コスパ良すぎない!?と叫びたくなるほど。
しかも、CPU/メモリに関しては、mixhostの1コア/512MBに対し、コアサーバーはなんと最大28コア/最大384GBというとんでもな数字。最小はわからないけど…。
これはもう乗り換えるっきゃない!

↑目次に戻る

新しくなったコアサーバーは試用期間が30日!

バリュードメインのコアサーバーは、2017/7より順次大幅リニューアルしていくことを公表しています。
内容は

  • Webサイト全面リニューアル
  • 全プラン最新のCPU、SSDに対応
  • 全プラン無料SSL、HTTP/2に対応
  • 同価格のVPS/クラウド以上のパフォーマンスを実現
  • コントロールパネル刷新

そんなわけで、試用期間が7日から30日に延びてます。
mixhost以外の他サーバー(Xサーバーやロリポップなど)は試用期間が7日や10日しかないので、これはぜひ一度試してもらいたい。
30日もあればじっくり比較・検証もできるしね!

↑目次に戻る

早速コアサーバーへ登録する

まずはここから登録へ進みます。
バリュードメインのユーザー登録をしていない場合は、先に登録します。
必要事項を記入して、入力内容を確認をクリック。
登録が済んだら、次はコントロールパネルからコアサーバーへ行き、サーバー登録へ。
コアサーバーの新規アカウントを作成をぽちり。
(すでにわたしは登録してあるためサーバー情報が一つありますが、もちろん最初はリストは空です)
ここでプランを選びます。
これからブログを新規で作る方はcore-miniで十分かと思いますが、今回はcore−Aで進んでいきます。
希望アカウント名を入力します。
サーバーは新仕様のところでいいと思います。
あとは30日間のお試し登録をぽちり。
これで完了です。

ログイン後、以下の方法でサーバーアドレス(IP)をコピーしておいてください。

右上のサーバー名をクリック
(ここからiPhoneでの画像に変わりますが、パソコン・タブレットからの見た目もほぼ同じなので大丈夫です。
契約情報をクリックし、下の方にスクロールしていくと…
サーバースペックが表示されています。
そこのIPを迷わずコピーです。
メモ帳などに保存しておいてください。

以上でサーバー登録・準備は完了です。



スポンサーリンク

↑目次に戻る

所有ドメインのコントロールパネルへいき、ネームサーバーとIPの設定をする

 

コアサーバー含むバリュードメイン系のサーバーは、他サーバーのようにネームサーバーを指定のものに変更するという簡単な作業だけではSSLを有効にできません
ちょっと面倒ですが、そう難しいことではないので頑張りましょう!
(わたしは何にも知らなかったので挫折しそうになった)

ムームードメインの場合

管理画面のコントロールパネルから、ドメイン操作→ムームーDNSへと進みます。
次に、コアサーバーに登録するドメインの処理欄にある変更ボタン(まだ何も設定したことがない場合は利用ボタン)を押します。
カスタム設定のセットアップ画面へ行くので、その設定2をいじります。
種別をAに、内容には先ほどコピーしたサーバーアドレス(IP)をペーストし、セットアップ情報変更ボタンを押したら完了です。
最後にコントロールパネルからネームサーバ設定変更をクリック、ネームサーバーをムームーDNSに設定したら完了です。




ムームードメインへ

お名前.comの場合

管理画面のドメイン設定タブから、DNS関連機能の設定をクリックします。
コアサーバーに登録するドメインを選択し、次へ進みます。
DNSレコード設定を利用する設定するボタンをぽちり。
TYPEがAになっていることを確認したら、VALUEメモしておいたサーバーアドレス(IP)を入力して追加を押します。
無事追加されたら下の方へスクロールして、転送用のネームサーバーに変更するにチェック。
確認画面へ進み、設定を完了させます。



以上でドメインサーバー側での作業は終わりなので、コアサーバーへ戻りましょう。

お名前.comへ

↑目次に戻る

所有しているドメインをサーバーへ登録する

バリュードメインのコンパネからもいけますし、直接コアサーバーへいってログインしてもOKです。
ここで注意してほしいのが、

新仕様のサーバーはこのログイン画面からはいけません。
(サーバーリストにありません)
下の方にある新コントロールパネルはこちらを押して、その先のログイン画面からログインしてください。



さて、ダッシュボードからドメイン設定へいきましょう。

ドメインタブからドメイン設定の新規作成をクリック。
設定するドメイン名を入力、Aレコードのチェックを行うにチェックを入れて、ドメイン設定を新規作成するをぽちり。

もしエラーになる場合は、時間を置いてから再チャレンジしてみてください。

これでコアサーバーに自分のドメインを追加することができました。

↑目次に戻る

wordpressをインストールするために、サイト作成をする

これも他のサーバーではなかったんですが、まずはサイト作成というものをしないと先に進めないんですよね。
というわけで作ります。簡単です。

サイトタブのサイト設定新規作成を押します。
ドメイン名のところをクリックすると、先ほど設定したドメインがあるのでそれを選択します。
無料SSLのチェックを忘れずに!!

あとは特に何もいじらないで大丈夫です。

サイト設定を新規作成するで完了なんですが、もしエラーになる場合は時間を置いてから…以下省略。

わたしは何個目かのドメインが1日かかりました。
どうしてもダメな時は、一度ドメインを削除し、登録からやり直してみてください。
これでうまくいったドメインもありました。



スポンサーリンク

↑目次に戻る

データベースを作成する

さて、あともう少しで終わりですよ!
wordpressをインストールするためのデータベースも自分で作らなければなりません。
コアサーバーは手動多めですね。初心者向きじゃあない。
時間かかりすぎる。

DBタブからデータベースの新規作成をクリック。
DB名(最初は確か固定だったはず)に好きな名前を付けて、パスワードを入力。
あとはデータベースを新規作成するを押して完了!
ここで設定したデータベース名とパスワードは、wordpressをインストールする際に必要になるので、コピーしてメモ帳などに保存しておいてください。

これでおしまいです。簡単!



↑目次に戻る

wordpressをインストールする

これもちょぴっと手動ですが、サクッと終わるのでやっちゃいましょう。

サイトタブからサイト一覧へ行ったら、 wordpressをインストールしたいドメインをクリックします。
ずーっと下の方へ行くと、CMSインストールというところへたどり着きますので、 wordpressを選択します。
特に何もいじらずそのままCMSインストールをクリックしてください。
少し待って…とのことなので、一服したらサイトへアクセスしてみましょう。
アクセスしてみると、こんな画面になってると思います。
さあ、始めましょう!をクリックして先に進んでください。



ここで先ほど作ったデータベースの情報が必要になるわけですね。

順番に入力していきます。
データベース名を入力、次のユーザー名の欄にもデータベース名を入れてください。
データベース名とユーザー名は完全一致です。
次にパスワードを入力して、
あとは何もせず送信
するとこんな画面になりますので、順番に埋めて、インストールをクリックしてください。




これで一通り完了です!おつかれさまでした!!!
いつもの初期画面ですね〜。

ここで確認してもらいたいのが、ちゃんとサイトアドレスが”https://〜”になっているかどうか
一度httpsになっていなくて試行錯誤してみたんですが、結局ドメイン登録のし直しからやったら無事SSL化が完了しました。
同じやり方だったんだけどなあ…。謎です。

↑目次に戻る

引っ越しにはDuplicatorというプラグインを使用

 

最後はサイトのお引っ越し。
わたしの場合はDuplicatorを使って、特にエラーを起こすこともなく楽々完了しました。
使い方はこちらのサイト様がわかりやすいので見てみてくださいませ。

結構な頻度でエラーが起こり使えない場合があります。そんな時はAll-in-One WP Migrationを使うと簡単にうまくいくはず。

↑目次に戻る

気になる速度や安定性

 

core-Aでしか運用していませんが、今のところmixhostより速いです。

(stinger8だとページ表示1.5秒、AFFINGER4だと3秒)

管理画面は特にサクサク。安定度もmixhostより上かと。

時間によって重くなる現象などは今のところ起きていません。

GTmetrixやpagespeed insightsでのスコアはmixhostと変わりません。

何か変化があればこちらに追記します。

CORESERVER.JP(コアサーバー)お試し登録(30日間)

↑目次に戻る

おわりに

 

疲れた!とにかく疲れました、コアサーバー。
でも最初の設定さえしてしまえば、管理画面も使いやすいし、速度も出てるし安定感もあるしで最高です。

頑張ってわかりやすいようにとまとめてみましたが、もし「ここどういうこと?」「わからないんだけど…」「これ違うよ」というのがあれば、お問い合わせからお気軽にご連絡ください〜。
無料SSLを提供しているサーバーの比較をした記事はこちら↓



スポンサーリンク