Wordpressプラグイン

Contact Form 7より簡単で軽い!Very Simple Contact Formの使い方

2018-02-21

https://telogvape.com

こんにちは!MHWばっかりやってる TELOGのひとです。

前に自作で設置していたコンタクトフォーム(お問い合わせ)が見た目的にあまりよろしくなかったので、プラグインを使うことにしました。

wordpressのお問い合わせ用プラグインとしてはContact Form 7が一番有名なのですが、重いとか面倒だという噂をあちこちから聞いていたので他を探してみると…。

なんと簡単で軽いプラグインを発見。それが今回ご紹介するVery Simple Contact Formです。こんな感じのができあがります。

f:id:kyami365:20180826002326j:plain

では早速設定してみましょう!



Very Simple Contact Formの使い方

f:id:kyami365:20180826002414j:plain

プラグイン新規追加からVery Simple Contact Formを検索(またはこちらからダウンロード)。

 

f:id:kyami365:20180826002536j:plain

インストールが完了したら有効化します。

 

f:id:kyami365:20180826002618j:plain

次に、お問い合わせ用の固定ページ新規作成してください。すでにページがある場合はスキップ。

 

f:id:kyami365:20180826002642j:plain

ページにショートコード[contact](カッコは半角で)を記入します。

 

f:id:kyami365:20180826002718j:plain

これでお問い合わせページの完成です!

↑目次に戻る

応用編:英語表記されている部分を自由に変更してみる

f:id:kyami365:20180826002746j:plain

実際に出来上がったお問い合わせページを見てみると、NAMEemailなど全てが英語表記なんですよね。

このままでもシャレオツな気はするのですが、正直わかりにくいので、この部分を日本語にしちゃいましょう。

現在のバージョンでは、設定のページから名前を変更できるようになっています。

f:id:kyami365:20180826002811j:plain

プラグインプラグイン編集をクリックします。

 

f:id:kyami365:20180826003009j:plain

右上の編集するプラグインを選択からVery Simple Contact Formを選び、選択をクリック。

 

f:id:kyami365:20180826003025j:plain

very-simple-contact-form/vscf-form.phpを開いてみると、

 

f:id:kyami365:20180826003045j:plain

このようになっているので、'  'でくくられている英語の部分を好きな言葉に変えます。

 

わたしはこんな感じにしました。

(label_captchaの' 'の中にある %sは、確認コードを表示させるための記号なので消しちゃダメです!)

ミスした時のために、FTPクライアントソフトなどで修正できる環境を整えておくのがオススメです。
そんなのめんどくさい!という方は、まずはデフォルトの内容をコピーして、メモ帳などにペーストして保存しておいてください。

失敗してしまったら、それをまたphp内にコピペして更新すれば元通りになります。

f:id:kyami365:20180826003107p:plain

そうすると、こうなります。

 

以上でプラグインの設定は完了です。簡単ですよね!あとは実際に自分でテスト送信をしてみてください。

すぐにwordpressに登録しているメールアドレスに通知がいくはずです。

メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダも確認してみてください。(わたしはそこに入ってました。)

↑目次に戻る

シンプルなお問い合わせページが好きな方にオススメ!

とにかく簡単なのがいい!という方には本当にオススメのプラグインなので、ぜひ使ってみてくださいね〜!

もし何かわからないことがあれば、お気軽に お問い合わせください。



スポンサーリンク

-Wordpressプラグイン

Copyright© TELOG! , 2018 All Rights Reserved.