パソコンで疲れ目|眼精疲労を防ぐ6つの方法?僕なりに検証したよ

毎日朝から晩までパソコンをいじり倒していると、或る日突然やってくるもの。
それは
頭痛だ。

眼精疲労用の目薬をさしてみたり、頭痛薬を飲んではみるが、一時的に良くはなっても根本的な解決には至らない。

じゃあどうしようということで、今日はその解決策をいろいろと調べてみた。

1.ブルーライトカット効果のあるソフトを入れる

ブルーライトカットで有名なf.luxというソフトがあるんだけど、僕はそれを長らく愛用していた。
パソコンだけではなく、iPhoneでもそれを導入して使っていたよ。
今はiPhoneに標準でナイトモードというのがついたので、夜はもっぱらそれをオンにしている。

電池は食うけど、目には優しい。眼精疲労もそこそこ防げる。
パソコンもiPhoneも、これを導入したことによってかなり目への負担が軽減された。
頭痛もかなり減った。
完全になんともなくなるというわけではないけど、ないよりはあった方が断然いい。

2.ブルーライトカットメガネを購入する


出典:ダンボなブログ

これは高くても安くても変わらないとの噂だったので、まずはダイソーのブルーライトカットメガネを購入。
少し茶色がかったやつだ。
かけてみると、確かに目の奥は痛くならない。
でも邪魔だった。

次にドンキで購入した580円のものを使ってみた。
これもなかなかいい。3時間ほど連続でパソコン作業をしてみたが、頭痛は発生しなかった。効果はあるようだ。

最後に電気屋で2980円だったブルーライトカットメガネを購入。
効果はバツグンだ。

正直、安くても高くても眼精疲労に対する効果は変わらなかった。
なので無理して高いものを買う必要はないと思う。


3.グラサンをかける

思いついたものは全てやってみようという信念を持つ僕だ。

グラサンは天下のダイソー製をチョイス。
ただただ暗くて見づらかった。
逆に疲れるという結果に。

でもつけないよりはマシな気がした。
画面のちらつきにやられないので、少しだが効果はあるように思う。

4.1時間ごとにめぐリズムをする

防ぐことを諦め、癒すことに徹底してみた。

大体1時間ごとにめぐリズムをしてみたが、ものすごい癒された。
目の疲れは取れるし、心も安らぐ。

これはかなりおすすめだが、いかんせん金のかかる方法だ。
アッツアツのタオルを目の上に置くという節約手段をおすすめする。

5.姿勢を正す

姿勢を正しておけばどうにかなるんじゃないかと思って実行してみたが、お腹周りが少し痩せただけで眼精疲労には効果がなかった。

6.surface proを買う

ギラつきがないんだ、こいつには。粒感がないと言えばいいのか。
ものすごい目に優しい液晶だから、長時間作業に向いている。

僕はパソコンをこれにしてから頭痛がほとんどなくなった。
これにする前は毎日頭痛があったのに、買い換えてから今までの約半年間、2度ほどしか頭痛はきてない。
毎日一日中いじっているのに、だ。

相性もあるのかもしれないが、間違いなく目に優しいパソコンだと思う。
眼精疲労がひどい人は電気屋でぜひ触ってみてほしい。

結論:僕はsurface pro4を使っています

あまりにも頭痛がひどい場合は、本当に買い換えを検討すべきかもしれない。
パソコンは日々進化しているし、仕事道具はできるだけ快適に使いたい。

誤解しないでほしいのは、僕はMicrosoftの回し者ではないし、どちらかというとAppleの方g
おっと誰か来たようだ。


マイクロソフト Surface Pro 4 12.3インチ Windows タブレット 128GB Core i5 サーフェイス CR5-00014 【送料無料】【KK9N0D18P】