TELOG!

VAPEとかiphoneとかwordpressとか

iPhone

とりあえず成功|iPhone6sをios10.1.1で脱獄したお話

Write*2016年12月29日 Update*

てるの嫁(@terunoyometelog)です。

あー早くios10脱獄こないかなーと日々思ってたわけだけど、なんとできてた!!
まだ正式なものじゃなくてベータ版だけど、

今はまだやめておけ……やるなら自己責任で……

という空気の中強行。
環境はiPhone6s SAMSUNG版 ios10.1.1

早速必要なものをインストールしてiPhoneを繋ぐ

いつもこっそりお世話になっているSANTAさんの記事を参考に進めていきますよ。

tools4hack.santalab.me

必要なもの
Cydia Impactor

mach_portal Yalu

んでcydia impactorver0.9.37にドラッグ&ドロップでmach_portal Yaluを持っていき、AppleIDでログイン。
そしたら勝手に進みます。
あれれ、エラーじゃないか。

エラー出たから調べたらデベロッパー登録が必要だった

なんかエラー英文の中に「AppleID」ってのが書いてある。
調べたら、無料のデベロッパー登録をしなきゃいけないみたいなので、そこへ飛びました。
持ってるAppleIDでログイン、もしくは新規ID作成すればおしまい。
簡単。 (きっとこれ基本的なことなんだろうな…)

気を取り直して最初からやり直し!
今度は無事completeと出て完了!
あとは設定のプロファイルから、自分のアドレスで承認するやつをぴってやって信頼をぴっ。
その後ホーム画面にインストールされてmach_portalをプッシュ。
画面が真っ白になって……シャットダウン。
あれれ、電源はいらないぞ。

beta4-2だと再起動ばかりで一向に何もできない

Apple Cinnamon

nrg_crisis via Compfight

結局待てど暮らせど電源がはいらないので、ホームボタンと電源ボタン長押しでリセット再起動。

もう一度mach_portalをプッシュ、今度は勝手に再起動される。
何度やっても同じだった。 cydiaはそこにいるのに……起動できず落ち込む。

試しにbeta3を入れてみる

とりあえずそのままの状態で、今度はbeta3を入れてみる。
するとなんということでしょう。

mach_portal起動
→白い画面
→ホーム画面に戻る
→cydia起動できた!

でもbeta3だとCydia Substrateが動かない。
これじゃあ意味ないじゃない。
うーん、まずはフォント変えたいので BytaFont2,3を導入。
(どっちも使わないと反映されるとこと反映されないところがあるため)
ちなみにRounded+Mを入れた。
ものすごいお気に入りなので昔からずっとこればかり。
でも、ios10ではシステム領域の英数字は今のところ反映されない。残念。


予想通りCydia Substrateが動かないのでSubstrate fixとYUCCA Utilitiesを導入

だよね、beta3だもんね、ということで以下のものを導入。

リポジトリ

http://83.218.67.215/~ijapija00/cydia

  • Substrate fix
  • YUCCA Utilities

これでリスプリングすると、ホームにSubstrate fixっていうアプリがひっそり現れるのでそれをプッシュ。

無事あれこれ動くように

問題なく対応済のものは動くように。
ios10脱獄アプリ対応状況は以下の通り。載ってないやつも対応してたりする。

i-bitzedge.com

ちなみにわたしが入れたのは

  • App Admin
  • Bars
  • BytaFont2
  • BytaFont3
  • iCleanerPro
  • LegacySlideToUnlock
  • NoSlowAnimations
  • Substrate Fix(ios10)
  • YUCCA Utilities

普通にリスプリングしようとすると再起動になる

DariuszSankowski / Pixabay

問題としては、cydiaで何かをインストールした後の”そのままリスプリング”はできないということ。
再起動になってしまう。
なので、インストールした後は一回ホームに戻ってicleanerproかBytaFontでリスプリング。
不思議とこれはいけるのだ。
これでちゃんと反映される。

とりあえず安定

ios10.1.1の脱獄に関しては、電源が落ちさえしなければ何も問題なく動いている。

モバイルデータ通信もiMessageも問題なし。
一応データローミングはオンにしてある。

ただし、再起動したあとはmach_portalをプッシュして、Substrate Fixもプッシュしないとそれ系のアプリは動かないので注意。
たまーにBytaFontも反映されてなかったりするから、そんな時はもう一度BytaFontで設定してリスプリング。

そしてこの環境だとポケモンGOが起動できてるハピネス

このあと普通にプレイできた。
GPSも問題なし。これは嬉しい誤算。
パズドラもLINEバブルもできた。

まとめ

kaboompics / Pixabay[/caption]

今回のios10.1.1の脱獄、案外あっさりとできたので嬉しかった。
以上です!
※やる方は自己責任で。

あ〜やっぱりフォントが丸いっていいな……。



-iPhone