キュレーションメディアがやばい?Googleがアルゴリズム変更を発表

こんな夜更けにこんにちは。
さっき何気なくTwitterのTLを見ていたら、こんな記事を見つけた。

2016年にWELQというキュレーションサイトが問題になり、関連メディアが次々と閉鎖されたわけだけど、その影響を受けての変更みたいだ。
このことについて簡単に僕の見解を書いていくよ。

スポンサーリンク


キュレーションメディアは検索結果でこれからどうなる?

これまでGoogleで気になるワードで検索をかけると、上位に表示されるのはほぼほぼまとめサイト(キュレーションメディア)だった。

これが、これからは変わるらしい。

ページの内容に引用が多かったり、薄い情報ばかりの場合、新しいアルゴリズムにのっとり順位が相当下がる。
結果、オリジナリティ溢れるサイトが上位表示されるように。
これまでまとめサイトの木々に埋もれていた勿体無い素敵サイトが、これからはたくさん陽の光を浴びるようになるということだ。

キュレーションメディアは相当の大打撃をくらうんだろうな…。

キュレーションメディアでなくてもこれまでの記事の見直しを

個人で好き勝手書いているブログでも、この新しいアルゴリズムにやられる可能性もある。

なんと、1つのページが”ふさわしくない”と判断されると、サイト自体の評価が下がり検索順位に大きな影響が出てしまうらしいのだ。

引用を多く使っていたり、他のサイトと酷似した内容であったり、内容自体がペラペラの場合はじかれてしまう可能性がある。
過去記事を見直し、修正できるところはして、場合によっては削除、もしくはnoindex設定をしよう。

でもSEOを気にしすぎてもダメ

ここまで書いておいてなんだけど、恐らく個人でブログやサイトを構築している人にはあまり影響はないと思われる。

キュレーションメディアが上位表示されにくくなるということは、個人ブログが上位表示されやすくなるということなので、影響がないと言うと語弊があるが、SEO対策としてはあまり気にせずいても大丈夫なのではないかなと。

これまで通り、好きなことを自分の言葉で書いていれば問題ない。
ただ、もちろん間違った情報は載せないように気をつけよう。僕もだけど。

なんてつらつら書いてはみたが、そもそも僕はこの界隈では初心者のペーペ、ーだから、あまり偉そうなことも言えないんだけれど。

ああそんなことよりもFFOperaOmniaが緊急メンテで辛い…

スポンサーリンク